1.計画された新製品の開発

A.短期開発計画

  1. スマート在庫管理システム(スマートマシナリー事業)
    原材料の数が多い、在庫管理が難しい、そしてコストが高い伝統産業は、自動化装置と在庫管理システムを通して、必要な材料を非常に短い時間で正確に見つけることができるし、処理時間を短縮するとコストを下がることができます。

  2. 次世代シリコーン泥真空乾燥システム(循環型経済)
    ウエーハから生成された廃液は濾過により分離され、液体含有量約30%〜40%のシリコーン泥になり、開発した第一世代の真空乾燥システムで5%未満の液体含有量を達成することができます。 当社は次世代の乾燥技術の研究を積極的に進めており、シリコーン泥の液体含有量を1%未満に減らすことを望んでおり、これによってシリコーン泥の使用が促進されるだけでなく、もっと使用方法が開発される。

  3. 廃溶剤回収システム(循環型経済)
    半導体の製作過程では、大量の水、酸、溶剤、硫酸銅などが使用され、使用後は毎日数千トンさまざまな物質が排出され、このような大量の廃液は廃水処理場だけに頼ることは十分ではありません。 廃溶液の再利用可能な価値によって、電子級溶剤回収技術、工業級溶剤回収技術、低価値溶剤応用技術などに分類される。分子篩を使用して水と溶剤を分け、溶剤の含水量が減少し、最終製品は電子レベルに到達し、ハイテク産業で再利用、それから最先端の資源循環を達成します。


  4. スマート蓋iCap(IoT)
    過去にハイテク工場の廃棄液や廃棄溶剤の容器が不法投棄されていることがあるから、当社は2017年12月に南台科学技術大学のAitoTスマートネットワーク応用技術研究開発センターと一年の「iCap Smart Cap」開発計画を行います。この技術はiCapを使って、ハイテク工場で使用される廃液容器を監視するように設計されております。廃液容器のカバーを開くと、無線技術で信号を瞬時に送信できます。情報をクラウドプラットフォームに記録して、輸送の過程での違法な排出や不適切な廃棄を防ぐことができます。これは、廃液の処理過程で正確と効果的に追跡と管理を実現するのに役立ちます。このプロジェクトの長期的な目標は、貴重なワクチンや貴金属、化学薬品、赤ワインなどの高価な液体の貯蔵と輸送などを促進して使用することです。

 

B.長期開発計画

  1. 混合有機高濃度廃液回収システム
    現在、廃溶剤の蒸留残渣が大部分は主に埋没または焼却されておりますから、環境問題になります。近年、人々は環境保護に対する意志を高め、企業イメージが大きなダメージを受けました。 「クラッキング炭化」の過程で、二酸化炭素排出量は伝統的な焼却方法より低く、そして炭素資源は効果的に回収することができ、それは資源再生の目的を達成するだけでなく環境汚染の社会的処理費用も減らす。

  2. 廃棄ソーラーパネル自動リサイクルシステム(循環型経済)
    政府は、2025年に太陽光発電ユニットの容量を20GWに押し上げました。 しかし、たいわんの環境と気候のため、パネルの平均寿命はわずか7〜10年に過ぎません。 太陽電池の各部分は18-19キログラムの重さがあり、長さと幅は165,100センチ、本体60-90%はガラス、そしてシリコン、アルミ、亜鉛、銀、銅、鉛などの貴金属、元素はガリウムとインジウムで構成されています。 経済省エネルギー局の推計によると、2020年に、台湾は14,000メートルトン廃棄モジュールを持ち、2038年には15万メートルトン、2041年には21万メートルトンとなる。
    現在、ほとんどのリサイクル方法は手動破壊が、効果あんまりはありません。当社は台北科学技術大学、成功大学、および工業技術研究院が主催する「太陽電池モジュール回収技術アライアンス」に参加する予定です。

  3. リチウム電池リサイクルシステム(循環型経済)
    近年、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル機器、さらに電気自動車なども充電式リチウム電池を使用する しかし、これらのリチウム電池は2年から3年を使用し、機能と効率が低下し、さらには寿命が尽きます。リチウム電池の電子廃棄物の処理方法は大きな問題です。
    同社は、国立成功大学の資源工学部と協力し、湿式製錬プロセスにおける「溶媒抽出」の技術を開発し、廃リチウム電池中のリチウムやコバルトなどの貴金属を分離精製し、貴重な資源のリサイクルを実現する。

 

2.産業の概要

(1)業界の現状と発展

  1. スマートマシナリー事業
    「工業4.0」はスマート工場を中心として、「loT」と工業4.0を構成し、スマート工場は差別があった製品を大規模に生産することができます。 ビッグデータとクラウドコンピューティングで自己管理と改善。 将来的には、サイバーフィジカルシステムに基づいて、スマートマニュファクチャリング、デジタルファクトリ、loT、サービスネットワークを含む産業用の統合インターネットが構築ます。情報通信技術(ICT)で仮想シミュレーション技術と機械生産をお互い補完し、スマートファクトリーを実践します。 国内に半導体ウェーバ工場、パッケージング工場、太陽電池パネル工場、色々な複雑な製造プロセスあるハイテク産業工場、初期の段階はもう高度に自動化された情報ベースのシステムが導入されています。 そのレベルはほぼ「工業3.0」程度以上。しかし、時代の発展とお客の要求に伴い、これからはグローバルな企業競争に遅れないように、「工業4.0」へに資本と才能を投資し続けなければなりません。

    その一方で、生産過程で人工に使用される伝統産業も、人件費の漸増、管理効率の低さ、競争に不利な状況になったから、工場の生産タイプを変え始めている。 「工業2.0」の場合で、省力化・情報化の運用モードを導入し、企業の競争力を高めるために高価な自動化機器や在庫システムなどの「工業3.0」のツールを導入します。

  2. 循環経済 - グリーンエネルギー環境保護事業(再生可能エネルギー)
    2016年10月27日、台湾政府はグリーンエネルギー技術産業イノベーション推進プログラムに合格し、安全エネルギー、環境の持続可能性およびグリーン経済発展のバランスを取れるの前提の下で、太陽光発電2年計画および風力発電4年計画を行い、国内需要による雇用の促進します。エネルギーの創出(太陽光発電、風力発電など)、エネルギー貯蔵(燃料電池など)、省エネルギー(グリーンビルディングなど)、システム統合(スマートグリッド)、産業の発展を支える4つの主軸として、グリーンエネルギー産業の競争力を強化する。

    現在太陽光発電は、市場の約9割を占め、台湾は中国の次に世界第2位の太陽電池パネルの生産国です。 ダイシング工程でウェーハから発生する廃棄物は切削液(廃棄物コード:D-1704)、現在、台湾では1ヶ月で約2000メートルトン、1年間で少なくとも24000メートルトンの廃棄液が生産されます。切削液は固形不純物を含むの油水混合物であり、それほとんどは極めて微細な粒子であり、完全に処理されないと水や大気汚染などの環境問題を引き起こします。

    2010年、当社は「廃液回収技術」の開発への投資を開始し、廃油濾過分離システムを通じて、濾過された「再生油」を新しい油と混合し、ダイシング工程で再利用することができます。工場用切削油のコストを削減しました。 2014年には、成功大学の資源工学科と協力し、リサイクルできない残留物を真空乾燥および回収システムを通して乾燥残留物をシリコンインゴットに制作します。製鉄所の製鉄プロセスに加熱材料としてのフェロニオブの置き換えに成功し、製鉄所に鉄の輸入コストを削減するだけでなく、完全な資源再利用も達成します。

 

(2)業界の中流と下流の関連性

  1. スマート機械事業
    この事業の3つの事業部門は、「自動化ソリューション」、「インテリジェントソリューション」、および「クリーニングソリューション」に取り組んでいます。 ビジネスモデルは、代理店、販売、メンテナンス、設計、製造、組立、ソフトウェア開発、システム統合から常駐OEMまで、色んなサービスを網羅しています。機器および部品メーカーとの協力を通じて、当社は既存の機関設計人材、電子制御ソフトウェア人材、現場エンジニアリングインストールおよびメンテナンスサービスと協力し、カスタマイズサービスを提供します。

    顧客は主に台湾と中国の半導体製造工場、LCDパネル工場、薄膜太陽電池パネル工場です。 近年、伝統的な業界の潜在的なお客に接触し、生産の自動化と情報化などのニーズの計画を立て始め、スマート機械の統合を通じて顧客がより効果的な生産管理を達成できるようにします。

    全世界の製造開発動向は、集中型大量生産からカスタマイズに変更、そして迅速な製品開発と共に、データ分析と応用した付加価値サービスの適用で業界の革新価値を築きます。 産業構造は、以前の垂直サプライチェーンシステムからオープン産業エコシステムへと変化し、スマート製造業の開発動向もスマート機械産業の市場需要と技術開発を促進するでしょう。

  2. 循環型経済 - グリーンエネルギー環境保護事業
    循環型経済産業の角度から見ると、上流は廃棄物を製造する製造業者、中流はリサイクル資源を供給する供給者、下流はリサイクル製品を使用する使用者です。 例えば、「シリコンインゴット」製品の場合、上流はソーラーウェーハー切断工場、中流は当社とその子会社である「成亜資源テク(Cheng Ya Resources Technology)」が連携した資源化供給システム、そして下流はシリコンインゴットを使用する製鉄所です。 このような革新的な統合は、2つの異なる産業の資源をうまく連携して、省エネルギーと廃棄物の削減、生産コストの削減、国際競争力の強化、地球環境の保護と持続可能な発展に貢献します。

 

(3)製品の未来開発動向と競争戦略

  1. スマート機械
    全世界の製造開発動向は、集中型大量生産からカスタマイズに変更、そして迅速な製品開発と共に、データ分析と応用した付加価値サービスの適用で業界の革新価値を築きます。 産業構造は、以前の垂直サプライチェーンシステムからオープン産業へと変化し、スマート製造業の開発動向もスマート機械産業の市場需要と技術開発を促進するでしょう。

    台湾の製造業は、市場タイプの変化と外の挑戦、そして限られたリソースと高齢化/低出生率の固有の問題に直面しています。 台湾政府が推進する「Productivity 4.0 Development Program」は、製造業だけでなく農業やサービス業も対象としています。 主な戦略は、国内のスマート機器と情報通信の利点を組み合わせ、loT、スマートロボット、ビッグデータなどのテクノロジを使用して、業界を4.0段階に移行させることです。

    当社は、半導体工場、LCDパネル工場、およびソーラーパネル工場で、機器販売、エンジニアリングシステムの統合、およびカスタマーサービスで20年近くの経験を積んできました。 プロのソフトウェア製造業者の認定代理店を持っているだけでなく、お客の生産履歴や生産データを管理することに役立つのソフトウェアを独立に開発しています。 今後も、自動化システム統合サービスの推進と研究を続けて、双方の利益を最大化するために、お客様との良好な相互信頼と相互協力を維持し続けます。

  2. 循環経済 - グリーンエネルギー環境保護事業
    1. 「シリコンインゴット」製品
      伝統的なソーラーウェーハ切断方法は、切断過程中にインゴットを安定化させ、もっと高く良い率の生産を達成するために、ウェハ切断液体を添加することである。新世代のダイヤモンドワイヤ切断技術は、切断中のウエーハの損失を減らすだけでなく、添加剤も以前の切断油から「水」に変更しますが、製造過程では排水処理の問題も生じます。産業技術の変化に対応して、当社は2017年に「ダイヤモンドワイヤスライス廃棄物乾燥技術」の研究開発プログラムに積極的に投資しており、それは廃水処理システムの後の残りの廃棄物を再利用可能な資源に変えることができる。

      また、世界のウェーハの生産ほとんど中国(89%)に集中している、生産能力は台湾の約10倍である。マルチビジネス協力で中国のマーケットに産業の発展を拡大できるでしょう。

    2. ソーラー廃棄モジュール自動リサイクルシステム
      太陽電池パネルの寿命は理論的には20年に達することができますが、環境や気候の影響による故障率の増加を考慮する必要があり、台湾では実際の平均寿命は7〜10年に過ぎません。 将来的には、ソーラーパネルの廃棄物リサイクルの問題は、必然的に社会に大きな負担をかけるでしょう。 現在、ヨーロッパのパリで設立された太陽エネルギー協会だけがリサイクルされた廃棄物を取り扱います。ソーラーパネルが売られるときはいつでも、処理料金は請求されて、将来のリサイクルに責任があります。

      ドイツは2000年に「再生可能エネルギー法(EEG)」を合格し、補助金政策を通じて再生可能エネルギーを促進し、2016年には再生可能エネルギーの瞬間的な総発電量(風力と太陽光)を国の電力需要95%に上げました。 日本はまた、2012年以来大量のソーラーパネルを設置しています。日本の廃棄パネル量は2033年までに30万トンを超えると推定しています。 国際再生可能エネルギー機関2016年の調査によると、2050年までに世界の廃棄モジュールは6,000万トンから7,8000万トンになり、そのリサイクル価値は150億ドルに達するでしょう。

      現在、ソーラーパネルの回収は人に頼るしかなく、貴金属を有効的にリサイクルして再販売し、希少元素を使い尽くないことを可能にする方法は、グリーンエネルギー産業を発展させている国にとって最優先事項です。 「ソーラー廃棄モジュール自動リサイクル技術」の研究開発計画は、自動化装置と特別な技術によって廃棄パネルを破り、希少元素と貴金属を分け、すべての資源をリサイクルして再利用することができます。

    3. 混合有機高濃度廃液回収システム
      産業廃棄物の処理は、廃棄物に安定化、削減、無毒を目的としており、廃棄物を燃えした廃熱をリサイクルすることはできますが、潜在的なエネルギーや回収可能な資源を十分に活用することはできません。 現在、廃熱処理はもう焼却技術から廃棄熱分解炭化処理技術へと徐々に変わってきている。 このようにして、資源が乏しい台湾地域にとって、廃棄物処理負荷を効果的に減らすだけでなく、外部資源への依存をさらに減らし、埋立地の使用年数を延ばすことができます。

      廃棄物中の石油、炭素、金属物質が回収された価値がある。現在、石油、炭素、その他の物質は分離して二次資源として再利用することができますが、金属材料は物理的手段で分離やすくありません。炭化技術を利用しなければなりません。したがって、産業廃棄物炭化技術の確立は、企業の廃棄物処理コストを削減するだけでなく、廃棄物資源のリサイクルのためにかなりの利益をもたらします。

    4. リチウム電池リサイクルシステム
      近年、各国の自動車会社は新エネルギー車の開発を積極的に推進しており、伝統的な燃料車の生産を中止する計画を持っています。 国際エネルギー機関からの推測によって、2030年まで1億4000万台の電気自動車と1,100万トンの廃リチウム電池があります。

      近年、各国の自動車会社は新エネルギー車の開発を積極的に推進しており、伝統的な燃料車の生産を中止する計画を持っています。 国際エネルギー機関からの推測によって、2030年まで1億4000万台の電気自動車と1,100万トンの廃リチウム電池があります。

  3. 「スマート機械」「loT」「循環型経済」の組み合わせ
    廃棄物のリサイクル、資源の統合は、すべて「循環型経済」の分野で非常に重要な概念です。材料の角度から見ると、廃棄物を資源に変換するためには、最初から適切な設計をしなければなりません。正しい設計を通して正規化された商品または材料を生産し、二次的な資源として広く使われ、使い捨ての原材料を置き換えそして生産減少させ、そして地球資源の消費を効果的に減少させる。 廃棄物リサイクルプロセスおよび関連する関連工場で使用される機械半分は既存の機器技術と統合されており、半分は新しい機器技術が新しい応用のために開発されてきた。 将来的には、当社の「スマート機器」ビジネス自動化と情報技術の経験と能力を組み合わせることで、伝統的な化学および環境保護機械に新しい外観の自動化とインテリジェンスを与えることが可能になります。

    「loT」「循環型経済」の組み合わせに関しては、多くの廃液、廃棄物の処理またはリサイクル過程の中で、廃棄物製造工場、処理工場または化学工場との間でクリーニングと輸送されます。当社が開発したiCapは、「loT」応用した装置、工場の間を移動する廃液容器を監視し、洗浄プロセス中の違法な排出や不適切な廃棄を防止します。 この技術は、廃液の取り扱いを企業が正確的と効果的に追跡および管理するのに役立ちます。

 

3.技術と研究概要

全営業の技術及び研究発展

A.スマート機械

  1. 当社が持っている特許:
    2007.04新型第M330522号特許 - 多感應頭之無線射頻電子標籤讀取器
    2007.04新型第M310201号特許 - 存放半導體元件之容器之充氣淨化器

  2. 当社が開発のソフト:
    • EQSPC機械パラメータ取得瞬間監視プログラム
    • PLC SECS Gatewayプログラム
    • PC SECS Gatewayプログラム
    • Adventech SECS I / Oデータコレクタと通信変換プラットフォーム
    • 材料運搬管理統合システム(MCS)

B.循環型経済

  1. 親会社が持っている特許:

    (一)
    2011.05新型第M403370号特許 - 自矽晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置
    2011.08中国実用新型特許:ZL 2012 2 0677206.5 自硅晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置
    2011.12新型第M417180号特許 - 自矽晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置

    (二)
    2012.04中国実用新型特許:ZL 2011 2 0283439.1 自硅晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置
    2012.07新型第M432461号特許 - 自矽晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置

    (三)
    2012.11中国実用新型専利:ZL 2012 2 0111143.6 自硅晶円切割廃油泥中回収再生油的処理装置
    2013.09発明第I409096号特許 - 具有刮泥機構的流体処理装置
    2015.11新型第M511901号特許 - 矽晶円切割廃濾餅之乾燥装置

  2. 子会社が持っている特許:

    2016.07新型第M525925号特許 - 廃矽泥再利用自働成行設備
    2016.08新型第M527002号特許 - 廃矽泥乾燥処理設備
    2016.11中国実用新型特許:ZL 2016 2 0504859.0 廃硅泥再利用自働成行設備
    2016.12中国実用新型特許:ZL 2016 2 0504801.6 廃矽泥乾燥処理設備
    2017.09新型第M548691号特許 - 矽泥再利用設備

  3. 子会社が政府からの受賞:

    2016.11経済部第23届中小企業「創新研究奨」
    2017.11経済部106年度中小企業創新育成中心「破殻而出企業」

  4. 子会社の品質証明書:

    2016.02日本海事認定協会NKKK品質証明書
    2017.03グローバル国際認証(UCS)UKAS認証ISO9001:2015

C.IoT

    2018.08新型第M565699号特許 - 具聯網功能之智慧旋蓋