沿革・あゆみ


当社は1998年に成立され、国外から設備を代理し、国内3大産業(半導体、LCD、ソーラーパネル)のニーズを満足しました。基礎を定めた後、当社は徐々に全方位的システム統合サービス提供者になれ、ハイテクメーカーが必要の自動化、インテリジェント、クリーンテクノロジーに関する解決方法を提供し、「スマート機械」に構成しました。

当社は2011年以来、当社は元日本のソーラーシリコンウェーハ切断機械代理販売からIn-Houseサービスに拡大し、ソーラーシリコンウェーハ切断によって生成された廃棄液をリサイクルしてきます。お客様の生産コスト削減するのをに協力することに加えて、リサイクルされたシリコン(Si)インゴットを国内外の製鋼所に販売します。この動きは、過去の廃棄液による環境汚染の問題を解決だけではなく、クロスインダストリーを通じて、国内に「循環型経済」を推し進めるのモデルになります。2017年から、当社は積極的にloT技術の開発を投資しており、高度な技術で違法に廃棄物を捨てる問題を克服します。それは「loT」と「循環型経済」組み合わせて応用するの例であるだけではなく、将来的に当社を強化するための重要なツールになります。

 

コアバリュー


  • 会社と会社員:優れている福利厚生を提供し、良い職場を作り出します。
  • 会社とお客様:新しい技術の開発とサービスを専念し、双方がうまくいっていることを維持します。
  • 会社と社会:リソース技術を強化し、世界の環境保護に貢献します。

 

商標の理念:和諧、圓滿與永續


当社の初期ロゴは「青い空」と「緑の草原」の概念から、青と緑で無限大(∞)のマークを絵描き、「和やかな」と「円満」と「永遠に続ける」の意味もあります。

また、当社の英語の名前は「abontech」。「bon」はフランス語で「良い」の意味。ですから「abontech」は「良いテクノロジー」の意味であります。

 

商標の理念:変化の求め、変わる、質の変更。


2018年5月20日は当社の20周年記念。お祝いの儀式は二、一番大事なのは前に進む続けたいな気持ちはもう止まらない。私たちはお客様と社会のために何ができるでしょうか?答えは「変える」、自分自身を変え、自分自身を良くすることによってのみ、お客様と社会を助けるためのより多くの力を持つことができます。初めは商標を変えます。

前の商標は悪くではない、それはもう乗り越えることが難しい設計です。私たちが時代の流れ従し、前に進めなければなりません。今回、商標の変更は3つの原則:「継承」、「見通し」、「ダイナミック」。変更なものはロゴだけではなく、中英の名前と企業スローガンも変えます。「アジアの知恵・循環の世界へ」このスローガンは当社の理念を示します。

私たちの変化はもう第一歩をふみだしました。これからもきっと色々な変化が次々に来るはず、それも私たちおこしたいのバタフライ効果です。




将来展望:心の大きさを世界の大きさを決める


「アジアの知恵で・循環の世界へ」このスローガンは私たちの「心」と「世界」を示しました。アジアの知恵で「リサイクル」という概念を世界に広がることをします。当社の「スマート機械」と「循環型社会」はこの目標を実現させるの道です。

当社は世界ために何かしようと思います。しかし、私たちはそんなに影響力を持つ会社ではなありません。ですから、世界の資源をよりリサイクルにするために私たちの共通の考えを持つ方達が共に働くことを求めます。